死亡事故の損害賠償について

死亡事故の損害賠償は主に、以下の3項目に分けられます。

1. 葬儀費

葬儀料、戒名料、読経料、仏壇購入料、お墓建立料など

2. 死亡慰謝料

被害者の遺族は、被害者本人分の慰謝料と遺族の慰謝料を請求することができます。

任意保険基準(参考)

一家の支柱 約1,450万円〜2,000万円
18歳未満(幼児・児童・学生) 約1,200万円〜1,500万円
高齢者(65歳以上) 約1,000万円〜1,400万円
上記以外 約1,300万円〜1,600万円

自賠責保険の場合、本人の慰謝料350万円に遺族の慰謝料が加算されます。

3. 遺族の慰謝料

自賠責保険基準(参考)

遺族1名の場合 550万円
遺族2名の場合 650万円
遺族3名以上の場合 750万円

被害者に被扶養者がいるときは、さらに200万円が加算されます。

死亡までの医療費など

交通事故から死亡までの間にかかった費用で、入院費、付添人費用など

死亡による逸失利益

死亡事故の逸失利益は、あと何年働けたかを基準にして、死亡して働けなくなったための損害額を算定します。
算定方法は、給与所得者・事業主・主婦・未成年・無職など事故前の状況を元に算定致します。